ホーム 公演実績 > 最新記事 >岐阜県中津川市教育委員会主催 和楽器アンサンブル 猫勧進公演

岐阜県中津川市教育委員会主催 和楽器アンサンブル 猫勧進


2011年11月29日(火)&30日(水)&12月1日(木)

3年ぶりの中津川公演でした。

前回も小学校高学年を対象とした公演でしたので
今回再び小学校高学年対象公演に選んでいただいたこと
嬉しさと同時に驚きでした。

今回も前回同様、合計5回公演です。

暖かい東京から中津川入りしましたが、やはり結構寒い
というのが印象でした。3年前と変わらず、中津川は中山道の
宿場町としての落ち着いた佇まいが印象でした。

先生方からは田舎の子供達なので、シャイで大人しい子ばかりですよ...
と伺っていたのですが、我々は知っています。スイッチが入ると
とても元気で皆が踊り出すくらい明るい子たちだと!

実際そうでした!(笑)

大きな学校と小さな学校が一緒になった公演の場合、
一般的には大きな学校のパワーに圧倒され、小さな学校は多少なりとも
静かになるものです。がしかし中津川の子供達は違います。

小さな学校の子が大きな学校の児童に臆することなく元気だったり
小さな学校の子供たちが率先して立ち上がり踊ったりしていました。

これこそ子供らしい子供だと思いました!

最初は和楽器の特徴を伝えるべくおとなしめの内容なため
皆静かに鑑賞していましたが、途中から猫勧進の特徴である
和楽器とシンセサイザーを融合した楽しみ易い音楽に突入すると
心を自由にして聞いてくれました。

アンコールになるともう凄いの一言!

大勢の児童の皆さん、そして先生方までがステージ前に来て下さり
猫勧進のメンバーと共に踊りつつ、体で音楽を体感していました。

公演最終日は雪が舞う寒い日でしたが、児童の皆さんから頂いた
真心に浸りながら、名残り惜しく中津川を後にしました。

夕食後、毎晩歩いた趣のある中山道と、その歴史を自然に受け継いでいる
可愛らしい子供達。素敵に調和していた中津川公演でした。